島津立久公墓地跡

寛正3年(1462)に島津家10代当主立久は、市来氏を攻めて勝利し、市来に竜雲寺を建てた。立久は文明6年(1474)に死去、遺言により竜雲寺に埋葬された。墓は昭和3年に改葬され、現在は墓の祠が残っている。

名称島津立久公墓地跡(シマヅタツヒサコウボチアト)
住所〒899-2202 鹿児島県日置市東市来町長里3281
content-04tourism
page Top