有馬新七先生墓碑

有馬新七先生墓碑|日置市観光協会
周辺地図

有馬新七先生墓碑アリマシンシチセンセイボヒ

有馬新七は吉田松陰、真木和泉と並ぶ明治維新原動力の志士で、薩摩での尊王攘夷の中心として活躍しました。文久2年(1862年)4月、京都の寺田屋で同じ薩摩藩士と斬り合いの末壮絶な死を遂げました。(寺田屋事件)墓は南林寺墓地撤去により現在地に移されたものです。

住所

鹿児島県日置市伊集院町下谷口